トップ > FAQ・サポート > ご購入前コーナー

ランニングコスト編

Q.電気代はどれくらい掛かりますか?
A.一般的な他社品は1日200円~250円前後掛かるものが主流ですが、熱洗浄や紫外線ランプなどを使うものですとさらに電気代はかさんでしまいます。この節約宣言は熱効率が良い直接加熱の省電力型500Wのヒーターを搭載し、さらにポンプの熱を保温に利用しヒーター稼働率を極力抑える節電構造により、夏場で1日100円~北海道での真冬でも150~160円程度で、年間平均しますと1日130円~150円位です。一般的なものと比べると30%以上の節減に成功し、金額にして年間2万円以上、10年使用すると20万円以上もの差が出ます。
電気代は少々かかりますが、今まで毎回お風呂を沸かすたびに掛かっていたガスや灯油などの燃料代がほとんど掛からなくなります。さらにお湯の取り替えがほとんど不要になりますから水道代が年間2万円前後も節約になります。ですから水道光熱費をトータルすると非常に経済的で、そのうえ24時間いつでもキレイなお風呂に入れて、お風呂掃除もほとんどいらなくなることが魅力と言えます。
※節約宣言の電気代は北海道の寒冷地での年間の平均値です。地域・季節・浴室の室温・浴槽の保温性能などによりさらに安くなります(当社試算)。
Q.ボイラーなど他の燃料と比べて経済性はどうですか?
A.節約宣言は節電タイプの24時間風呂ですが、電気で保温しますので電気代は少々上がります。しかし今まで毎回お風呂を沸かすたびに掛かっていたガスや灯油などの燃料代がほとんど掛からなくなります。さらにお湯の取り替えがほとんど不要になりますから水道代が年間2万円前後も節約になります。ですから水道光熱費をトータルすると非常に経済的で、そのうえ24時間いつでもキレイなお風呂に入れて、お風呂掃除もほとんどいらず楽になります。またお風呂掃除に使う洗剤による環境汚染の減少にも貢献できると思います。
※節約宣言の電気代は北海道の寒冷地での年間の平均値です。地域・季節・浴室の室温・浴槽の保温性能などによりさらに安くなります(当社試算)。
Q.電気代をさらに節約する方法は?
A.通常の風呂フタのほかに、保温マット(シート)をお湯の上に敷いたり、風呂フタの裏に貼ったりして、二重フタにする。保温性が向上し、ヒーターの稼働も軽減するので電気代の節約につながります。大きめの浴槽は特に節約につながります。ホームセンターなどに千円前後で売っています。
Q.消耗品などのコストはどれ位掛かりますか?
A.一般的なものはランニングコストに年間1万5千円~2万円以上も掛かるものが主流ですが、節約宣言シリーズなら消耗品はろ過材セットのみで1年換算で7,500~8,000円(消費税・送料別)のみです。一般的な24時間風呂だと抗菌のための紫外線ランプなど、定期的に高額な部品の交換が必要ですが、節約宣言ならろ過フィルターを交換するだけで抗菌効果を維持できます。

【節約宣言】
銀イオン抗菌ろ過材は購入時に1年分(2個)付属。購入後1年が経ちましたら1年分セットをお買い求めください。
交換用の銀イオンフィルター1年セットは8,000円(消費税別・送料別)(スポンジヘアキャッチャー4枚、銀イオンろ過材2個入り)
→1年換算8,000円(消費税別・送料別)
【節約宣言プレミアムⅡ】
各ろ過材は約2年間ご使用になれます。フィルターが固くなったり、破損したり、消耗したらお取り換えください。単品交換も可能です。
プレミアム交換ろ過材セット:約2年分(スポンジフィルター1枚・活性炭フィルター・制菌セラミックろ過材・ヘアキャッチャー2枚)15,000円(消費税別・送料別)→1年換算7,500円(消費税別・送料別)・オプションのレジオハンターを換算に入れても1年換算9,250円(消費税別・送料別)
      

お取り付け編は 1へ

   

使い方・機能編は 2へ


安全性・アフターサービス・メーカー編は 4へ

 

1   2   3   4 

節電タイプ24時間風呂
  • お風呂の浄水器せっすい君
  • ろ過材革命

 

業務用24時間風呂

24時間風呂のユニオンテクノス
【ショールーム】
〒001-0034
札幌市北区北34条西2丁目1-5-1F
通話料無料0120-044-026
【営業時間】
5月〜8月:平日 9:00~18:00(土日祝休み)
9月〜4月:平日 9:00~18:30・土曜 9:00~18:00(日祝休み)
(新聞広告掲載日は営業)
TEL 011-700-4070(代) FAX 011-700-4071